<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0308567_06265413.png
新しいカメラを持って初めて出かけた先はコペンハーゲンでした。天気予報によると滞在第一日目しかお天気が良くないよう。それでは晴れているうちにと、到着するや否や、コペンハーゲンの北にあるヘルシンオアという町へ向かいました。

コペンハーゲン中央駅から電車で10分ほど行っただけで、これぞ北欧というような森が広がります。目に優しい景色を楽しんでいるうちにあっという間にヘルシンオア駅に到着しました。所要時間は45分ほど。

ヘルシンオアにあるのは、世界遺産に登録されているクロンボー城。このお城はシェイクスピアの「ハムレット」の舞台として世界的に知られています。
d0308567_06433650.png
d0308567_07195729.png
もともとは通行税徴収のために建てられた砦でしたが、16世紀末にフレデリク2世によって再建され、その後も幾度となく作り変えられて今の姿となっています。どっしりとしたレンガ造りのルネサンス建築。
d0308567_07222371.png
城の地下牢に不思議な巨像があります。これはデンマークの危機の際には目覚めて敵を倒すと言われている伝説の英雄、ホルガー・ダンスク。さすが威厳があり、神聖な雰囲気を感じました。
d0308567_07485620.png
城内の部屋はきらびやかではないけれど、この重厚でシンプルな調度品は私好み。何だか落ち着きます。
d0308567_07494158.png
大広間はヴェルサイユのような鏡の間にはなっていないけれど、すっきりとした空間が素敵でした。物が少ない部屋っていいなあ。
d0308567_08023107.png
この日は気温は20度を超えて、日向はぽかぽかと暖かい日でした。ヘルシンオアは素朴でのどかな港町。
d0308567_08024670.png
そして、海の向こうの対岸はスウェーデンです。スウェーデンの町まで5kmの距離をフェリーが頻繁に行き交っていました。どんどん遠くになっていくクロンボー城を後に、ヘルシンオア駅へ向かい、コペンハーゲンへ戻りました。

コペンハーゲンは昔に行ったことがあったけれど、ヘルシンオアは今回が初めてでした。クロンボー城は本当に良かったし、ヘルシンオアはのんびりとした気持ちの良い町で、短時間でしたが日頃の疲れがすっかり癒されました。

それにしても、今までのカメラと変わらない出来栄えの写真…練習あるのみかな。

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_07340159.png
「コンフィチュールの妖精」クリスティーヌ・フェルベールさんのコンフィチュール。アルザスのいちごのコンフィチュールが好きなのですが、いちごは見つからなかったので、アルザスで採れたミラベル&レーヌクロードを購入。ミラベルもレーヌクロードもスモモの一種です。
d0308567_07343727.png
小ぶりの瓶ながらも、実がたくさん入っているのが嬉しいです。良い素材を使っていることが私でさえも分かる。果物そのものの味が生きています。このスモモのジャムは、ほんのり果物の酸味がきいていてとても美味しかったです。
d0308567_07344336.png
ある日曜日の朝に頂いたのですが、パンをきらしていたのに気付き、発酵のいらないソーダブレッドを慌てて焼きました。(エルブ・ド・プロヴァンスを生地に混ぜてみました。とても良い香り!)
ヨーロッパの他のジャムと比べると砂糖の量が少なめだと思うので、その後もヨーグルトやカッテージチーズに添えたりして早めに食べきるようにしました。

フェルベールさんのコンフィチュールは、パリではボン・マルシェやラファイエットの食品館などで買うことができます。種類にもよりますが、ボンヌ・ママンよりも小さな瓶一つで9ユーロ位。日本でよりもだいぶ安いとはいえ、ジャムとしてはやはり値が張りますね。でも色々な種類が並んでいるのを見ると、ついつい食べたことのない味を試してみたくなってしまいます。最近は、アルザスワインのゲヴュルツトラミネーを使ったジュレを買ってみました。どのように食べるのが美味しいのでしょうか。お味見をしてみるのがとても楽しみです。

りんごの季節は過ぎてしまいましたが・・・来年の冬には、「あさいち」で紹介されていたフェルベールさんのレシピでりんごのコンフィチュールを作ってみたいです。


ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_07064847.jpg
実は今までは、店に置いてあるの中で一番シンプルな機能の小さなコンデジで写真撮影していました。こちらはカメラやPC、オーディオ製品の種類が本当に本当に少なくて…なんかピンと来るものがなかったので、それなら一番安いもので良いかなと。カメラの腕もないし。外国人観光客がなぜ秋葉原で買い物に夢中になるのかよく分かります。

さて、そのコンデジの調子が悪くなりました。そしてちょっと無謀だったかもしれないけれど、初心者用の入門機ですが一眼レフに買い換えました。最初はミラーレスカメラにしようと思っていたけれど、例のごとく欲しい機種がこちらにない…色々考えた結果、EOS Kiss X7(海外ではEOS 100D)を購入することに。とにかく軽いことが助かります。

今更なのですが、ブログで交流させて頂いている方達の素敵なお写真に刺激を受けて、私も少しでも良い写真を撮りたいという気持ちが最近になって急に湧き出てきました。まさに形から入るタイプですが(笑)、楽しみながら頑張ってみたいなと思います。

実は今は、初めてそのカメラを持って旅をしているところです。出発する日に慌てて買ってきたので、まだ全く使いこなせていないけど、ファインダーを覗いて撮影するのが新鮮で、楽しくてたまらないです。

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_03295237.png
先週末に、パリから電車で1時間弱のところにあるコンピエーニュという町に出かけてみました。
その町にあるコンピエーニュ城の庭園に咲いていたチューリップ。このシックな配色がなかなかセンスが良いと思いました。なんだかフランス的。
d0308567_03295751.png
ナポレオン1世が作らせたイギリス庭園はそのまま広大なコンピエーニュの森へと続いていきます。

コンピエーニュについてはまたあらためて近いうちにアップしたいと思います。

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_06082012.png
5月はフランスでも祝日が多い月。ちょっとしたゴールデンウィークのようにしている人が多いけれど、我が家は今週はカレンダー通りです。今年はこちらも5日が祝日だったので、青空に誘われてカルチェ・ラタンを散策しました。
d0308567_06084760.png
d0308567_06085313.png
ムフタール通りの途中にあるコントルスカルプ広場。この広場のカフェにいつか入ってみたいと思っていましたが、この日は運良くテラス席を確保できました。先週までの真冬のような寒さから一転して初夏のようなお天気。ようやく外でロゼワインを楽しめる気候になりました。まだちょっと早かったかもしれないけれど、夏の定番のメロンと生ハムのサラダを注文してしまいました。ブッラータチーズが丸1個入っているのが嬉しい。
この広場は庶民的な感じで、とても好きな雰囲気です。広場で演奏されていた音楽も耳に心地よく、いつまでもテラスに座っていたかったです。
d0308567_06082867.png
ずっと寒くて天気が悪かったので、パリの街を散策するのは久しぶりでした。しばらく見ない間にいつのまにか木々が青々となっていたことにびっくり。今週末は夏日になりそうだし、一気に夏に近づくのかな。夏の一歩手前のヨーロッパがとても好きです。


ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_07583779.png
5月1日はすずらんの日(Jour de muguet)。すずらんが幸運を運んできてくれますように。

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]