<   2016年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

d0308567_18422246.png
青空の週末は久しぶり。そんな気持ちの良い日のモーニングコーヒーを、モンパルナスの老舗カフェ「ル・ドーム・モンパルナス」で楽しみました。
20世紀前半の著名な作家や芸術家が集ったカフェがいくつかあるモンパルナス界隈。1897年創業のル・ドーム・モンパルナスも4大文豪カフェの一つです。ピカソ、モディリアーニ、ジャン・コクトー、藤田嗣治、岡本太郎などが常連客だったとか。
d0308567_18425187.png
ここは高級シーフードレストランなのですが、入り口左側の部分はカフェスペース。気軽にお茶することができます。周りを見ると、いかにも毎日必ず来てそうな常連さんばかりでした。パリのカフェは席と席の間隔がとても狭いところが多いけれど、ここはとてもゆったりとしたスペース。窮屈なところで飲食するのが苦手な私には嬉しかったです。
d0308567_18434572.png
カフェ・クレーム(小)とエスプレッソ。カップには店名が。
d0308567_18440517.png
お向かいの赤いアーケードの店はモンパルナスの4大文豪カフェの一つ、「ラ・ロトンド」。ここも今度行ってみたい。

ル・ドームは老舗だけど、気取りのない気持ちの良いお店でした。お手洗いを借りるために中の方へ入りましたが、高級レストランの風格がありながらも居心地の良さそうなインテリアでした。パリにいる間に一度ここで食事してみたいな。

朝からゆったりと有意義な時間を過ごせたので、その後もなんだか全部うまくいく良い一日になりました。
d0308567_18452750.png

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_17511428.png
第二の冬休み、つまりスキーバカンスが始まりました。Cゾーンにあたるパリの学校は今週から2週間お休みです。既に先週の金曜日の朝から、大きな駅はバカンスへ出かける人で大混雑。さすがバカンス大国です。

時々覗いている「きょうの料理」のHPで、柚子はちみつのチーズケーキが気になりました。そこではレアチーズケーキのレシピしか掲載されていなかったけれど、放送ではベイクドチーズケーキも紹介されたよう。インターネットで検索したらベイクドのレシピも見つけることができたので、早速作ってみました。

本当は柚子をはちみつでマリネしたものを使うのですが、柚子はないので韓国食材店で買った柚子茶で代用。白みそは結構値が張るけど…思い切ってプチ贅沢しちゃいました。
(覚書:サワークリームの代わりにCrème fraîche épaisse、今回はlégère 脂肪分15%を使用、クリームチーズはKiri)

d0308567_17512281.png
柚子はちみつではなくて柚子茶チーズケーキになってしまったけど、これは本当に美味しい!白みそでコクがよく出ています。よく冷やして、緑茶と一緒に楽しみました。柚子茶なので柚子自体が少ないのがちょっと残念だけど、今度はレアチーズケーキを作ってみたい。レモンやオレンジのマリネでもよいみたいなので、夏はそうしてみようかな。

私の語学学校もフランスの学校と同じくお休み。平日に自由な時間ができるのはとても嬉しいです。ものすごい解放感!
束の間のお休み、何をしようかな。

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_09434951.png
今年は(も)バレンタインデーのことを直前まで忘れていたので、少し慌ててしまいました。
どうしようかなと思っていたところ、家にある材料でできるフルーツショコラのレシピを見つけました。スポンジケーキさえ用意すれば、あとは簡単。大人だけなのでレシピの分量よりも若干ブランデーを増やしたけれど、次回はもう少し多めにしてみます。でも美味しくできました。
ヨーロッパでは日本ほどバレンタインデーは浸透していない様子ですが、それでも昔よりはかなり知られるようになったと思います。そういえば、このクラス会の幹事だったO君。子供の頃、バレンタインデーにはクラスの女子全員にメッセージ付きのキャンディーをプレゼントしてくれました。気遣いに優れているところは今でも変わっていないかも。ヨーロッパでは男性から女性に花などを贈るもの。我が家も来年はヨーロッパ風のバレンタインにしてもらいたいな。

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_20002955.png
先週末にポワティエという町まで足を伸ばしてみました。世界史の教科書に出てくる「ポワティエの戦い」の舞台になったところです。
10世紀から12世紀に最も繁栄し、ロマネスク芸術が花開きました。小さな町ですが、数あるロマネスク建築がとにかく素晴らしい。とても落ち着いた古都という趣きでした。この町のロマネスク教会を代表するのは、なんといってもノートルダム・ラ・グランド教会。ファサードの彫刻はとりわけ目を引きますが、私は建物全体の佇まいがとても好きになりました。(白黒モードの写真にしてみました)

大学町でもあるポワティエ。観光地という感じではなくて(特に今の時期は)とても静かでした。小さな町ですが、意外に何でも揃っている。小奇麗で裕福な町という印象です。地方に来るといつも思うのですが、ポワティエは特にフレンドリーな人が多かった。素敵なものを見て、温かい人達と触れ合えて、心が休まる週末になりました。

パリのモンパルナス駅からラ・ロシェル行きのTGVで1時間40分。あっという間に着いてしまいます。「地球の歩き方」ではボルドーと同じ大西洋岸のカテゴリーに入っていますが、もう少し内陸。
グルメなど華やかな楽しみはありませんが、ロマネスク建築が好きな方・静かに古い町を散策したい方にはおすすめです。


ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


ここにも・・・
[PR]
d0308567_06360385.png
ボン・マルシェの食品館(La Grande Epicerie de Paris)で見つけた、シャルドネの小さな瓶。シャルドネ100%。ワイン用のぶどうだけど、これはジュースです。普通のぶどうジュースと味がどう違うのかは分からなかったけれど、体調が悪くてワインが飲めないときには、気分だけでも楽しめました。とはいえ、キンキンに冷やして飲むとなかなか美味しかったですよ。
結構いいお値段だったので、250mlの瓶をを二人で分けました。

ラベルを見てみると、このジュースはボン・マルシェ食品館ブランドのもののようです。そういえばお菓子やジャム、オリーブオイルなど自社ブランドの製品が増えていたような気がします。

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
有名シェフのクリスチャン・コンスタン氏プロデュースのお店、Café Constant(カフェ・コンスタン)へランチで行ってきました。大抵のガイドブックに載っている有名店みたいなので私がここに書くまでもないかもしれませんが…普段は学校があるためランチに出かけることが滅多にないので、たまの機会に記録を。マイペースな生活のため、美味しいお店など女性好みの情報に疎いのです。
d0308567_06164815.jpg
大した写真はないのですが、お料理はこんな感じです。私はオーソドックスに牛肉の赤ワイン煮(ブッフ・ブルギニョン)を選びました。なぜだか泡みたいなものが立っていますね。他の方のはウズラだったかな。赤ワイン煮はサラッとしたスープタイプで、意外に軽く頂けました。お肉がトロトロで美味しかった〜 フランスにしては珍しく、口の中が火傷しそうなくらいに熱々だったのが嬉しかった。 看板メニューの一つのようです。

食べられる自信がなかったので前菜は取らなかったけれど、かしこまらない気さくなお店なので全く問題なし。ちなみにデザートも、私達の場合は女性3人で一つをシェアしてちょうど良かったです。

ここはランチ・ディナー共に予約不可なので、開店時間に行くことをお勧めします。この日は平日の開店時間の正午ジャストにお店の前に集合して一番乗りでしたが、その後あっという間に満席になっていました。開店時間前に行列ができることは今はあまりないと思いますが… そして何と言っても、スタッフの皆さんがとてもフレンドリーなのがよかったです。エッフェル塔の近くという立地も観光に便利で良いですね。

Café Constant
139 rue Saint-Dominique
75007 Paris

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

d0308567_08060473.png
ミラボー橋の下をセーヌ河が流れ われらの恋が流れる・・・
詩人アポリネールの詩、「ミラボー橋」の最初の一節。
画家マリー・ローランサンとの恋の終わりを歌ったこの詩を、フランス語の授業で習いました。
恥ずかしながらこの詩のことは知らなかったけれど、最初の一節だけは以前に聞いたことがありました。

このミラボー橋は我が家から歩いて15分足らずのところにあります。アレクサンドル3世橋ほどではないけれど、なかなか装飾的。色もきれいです。この橋は1896年に完成しました。
d0308567_08130884.png
d0308567_08130327.png
橋の上からエッフェル塔が見えます。エッフェル塔が完成したのは1889年。アポリネールとローランサンはここから一緒にエッフェル塔を見たのでしょうか。なんだか奇妙な塔ができたなと思っていたかもしれませんね。
d0308567_08132206.png
16区側の橋のたもとには、あの詩の始めの一節のレリーフがありました。
d0308567_08131695.png
車の往来はあるものの、観光名所というほどではないので静かで穏やかな場所。このように文化人のゆかりの場所、絵や文学作品の舞台となった場所を巡るのもパリ散策の楽しみの一つです。

さてフランス語の授業では、一人ずつ「ミラボー橋」の詩を暗唱しました。結構長い詩なので覚えるのが大変だったけれど、フランス語はなんて美しい言語なのだろうとあらためて思いました。フランス語は音楽にしばしば例えられますが、これが外国人泣かせ。音楽が流れるように話すのは難しいし、一語ずつ切って話してしまうと通じない・・・専門的なことは分かりませんが、ドイツ語を話すときは自然とかなりお腹から息を出してはっきりと発音しているようです。その癖がフランス語で出るらしく、先生からはもっと柔らかく話してねと言われてしまいます(笑)


ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_05293162.jpg
先週の後半から風邪をひいてしまいました。今回はとにかく喉が痛くて痛くて。ひんやり喉越しのよいものしか食べる気になれず、主人にスーパーでプリンを買ってきてもらいました。ボンヌママンのプリン。私好みのしっかり固めタイプでした。日本のプリンより甘めですが、なかなか美味しいです。そして、プリンは2日間私の主な栄養源となりました(笑)

1月の前半は胃腸炎、後半は忙しかったり風邪をひいたり…月の3分の一はちゃんとごはんが食べられなかったような。インフルエンザに罹りたくないし、2月からは元気に過ごしたいです。皆さまもお気をつけください!

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]