<   2016年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

d0308567_17391148.png
シャイヨ宮の中にある、建築・文化財博物館。そこではフランス各地の中世建築の傑作が鋳造複製され、展示されています。まさに観光名所にある博物館なのに、その存在を今まで知りませんでした。建築のレプリカ?それほど期待して行ったのではないのですが、

d0308567_17384147.png
d0308567_17384997.jpg
d0308567_17385625.png
予想以上のスケールでした!(写真ではよく分かりませんが) 
d0308567_17390348.png
フランス各地の教会・大聖堂のファサードや柱、壁画、彫刻など、実物大でまさに本物。こんな細部までどのように再現したのだろう。
モン・サン・ミシェルの修道院、ストラスブール、アミアンなどの有名どころから、日本のガイドブックには載っていない町の教会まで。単に私が知らないだけかもしれませんが、今まで聞いたことない小さな町や村に、こんな素晴らしい教会があるのかとあらためて驚きました。
d0308567_17381095.png
ピカルディー地方、ランの大聖堂の模型。ここは知らなかったのですが、ぜひ見てみたい。

もちろん本物を見るのと感動は違うと思うけれど、パリにいながらフランス中を旅したような気分になれる場所です。暖かくなったらどこへ行こうかな。

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ





[PR]
d0308567_08092204.jpg
ネットでレシピ(「あさイチ」で紹介されたもの)を見て作ってみた、豚肉とハム餃子鍋。と言っても主役は大根です。叩いたもの、千切り、大根おろしと、色々な形状の大根が1本分。でもこちらの大根は細いので、日本のものの半本分位でしょうか。

私はお肉は味出し程度の量にしましたが、十分にコクが出ました。豚肉と胡麻油の旨味が移っている、叩いた大根が特に美味しい。餃子の皮でハムを巻いたものも。水菜の代わりにルッコラをガサッと乗せました。タレはポン酢と麺つゆを混ぜたもの(レシピにある溶き卵は省略)と酢・黒こしょう。大根がメインなので胃に優しくてとてもヘルシー。また作ってみたいと思います。


ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_00282152.png
パリの始まりの場所はシテ島。そこから長い長い年月をかけて町は拡大していきました。町が拡がるたびに防衛のために城壁が築かれたのですが、今回は最古の本格的な城壁、フィリップ・オーギュストの城壁跡のお話です。

1180年から1210年にかけて、当時の王様であるフィリップ2世の命により、パリを取り囲む城壁が建設されました。市内で城壁の名残がいくつか見られますが、私が見たのはパンテオン近くのクロヴィス通りのもの。右側にあるアパルトマンの敷地内から歩道までせり出しています。こんなに古くてパリの歴史を感じさせるものですが、ひっそりとさりげなく存在しているのも素敵。足を止めて見ている人はほとんどいなかったです。マレ地区にある城壁跡は、現在残っているフィリップ・オーギュスト城壁跡の中で最大なものだそうなので、今度ぜひ見てみたいと思います。城壁建設当時のパリは、シテ島を中心とした小さな町。当時の城壁が立っていたところを(今はほとんどありませんが)ぐるりと周って、当時のパリの町の大きさを実感してみたい。徒歩で半日位で周れるのではと思います。


*フィリップ・オーギュスト城壁跡(クロヴィス通り rue Clovis)
 メトロ10番 Cardinal Lemoine駅


ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_09170565.png
パリのメトロの入り口のデザインには色々な種類がありますが、市内の一部の駅の入り口にはエクトール・ギマールのデザインによるアールヌーヴォー様式のものがあります。これはシテ駅の入り口。アールヌーヴォーの入り口は、パリというと私が最初に思い浮かべる風景の一つです。
d0308567_09165871.png
さて、こちらはどの駅?ピコアス駅となっています。そう、ここはパリではなくて、リスボンで泊まっていたホテルの最寄メトロの駅。一瞬自分がどこにいるのか分からなくなりました。
パリのものと同じアールヌーヴォー様式のこの入り口は、パリ市交通公団から1995年に寄贈されたものだそうです。メトロポリタンではなく、メトロポリターノ。ポルトガル語でしょうか。


ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
早いもので、一昨日からパリでの生活が4年目に入りました。

この街に慣れることは無理だと最初は悲観的でしたが、一年経つごとに楽に生活できるようになっています。ありがたいことです。
d0308567_09063699.png
サン・シュルピス教会

不安なニュースばかりのヨーロッパですが、これからもとにかく無事で元気に過ごせれば、というのが一番の願いです。



ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_22243846.png
7つの丘の街リスボンのサン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台。そう、ここは数年前の某社消臭剤のCMでかわいい少年が歌っていた場所です。ミゲル君でしたっけ。
d0308567_22345085.png
サン・ジョルジェ城やテージョ川などリスボンを一望できる展望台。何だか気持ちよくて、リスボンの中でお気に入りの場所になりました。
d0308567_22241037.png
クリスマス・年末休みの時期だったので私のような観光客がたくさんいました。公園にもなっているので、普段は地元の人の憩いの場なのかな。

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
日本人の口に合いやすいポルトガル料理。魚介類を使った料理が多く、ソースが命のフレンチとは違って味付けがシンプルだからでしょうか。グリルしたお魚にオリーブオイルをかけるだけとか。新鮮だからこそですね。
今はスマホのカメラで撮った写真しか手に入らないので、モニュメントや街の風景の写真の前に、まずは食べ物を。
d0308567_23402291.jpg
タコが大好きな私は、ポルトガルではタコ三昧。一番よく食べたのがタコのグリルです。コインブラのワインレストランで食べたものが、焼き加減が絶妙、柔らかくて特に美味しかったです。主人はタコのリゾットがお気に入りですが、こちらもおすすめです。

d0308567_04512785.jpg

d0308567_23402356.jpg
スイーツ部門は、エッグタルトの原型であるパステル・デ・ナタを。リスボンのベレン地区にある、1837年創業の老舗店パスティス・デ・ベレンの前には、エッグタルトを求める人の大行列ができていました。でも、お店の手際が良いのですぐに順番が回ってきます。焼き立てホヤホヤのタルトは皮がパリッとしていて、カスタードクリームはとろけるよう。いくつでも食べれそうな美味しさでした。

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
明けましておめでとうございます。
インターネットが繋がりにくい場所にいるため、年末のご挨拶ができませんでしたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

クリスマスからポルトガルに滞在しています。古い街並みや美味しい魚介類を満喫しつつも、歩きにくい石畳や坂のおかげで腰にかなりの負担が来ています…今年こそは筋トレと体力アップに努めないと。

それでは、2016年も皆さまにとって素晴らしい年になりますように!
d0308567_13032377.jpg
リスボンらしい風景
d0308567_13032375.jpg
コインブラ旧大学

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]