<   2015年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

d0308567_07395351.png
先日受講したカルトナージュの体験レッスンで使った生地がとても素敵でした。トワル・ド・ジュイというフランスの伝統的なデザインがプリントされた生地。それを探そうと思い、モンマルトルの生地屋街へ初めて行ってきました。今まで気付かなかったのですが、日暮里の繊維街のような雰囲気でしょうか。

今日は主にReineという生地屋さんを見ましたが、可愛い柄から大人っぽい柄までものすごい品揃え。本当に素敵な色やデザインの生地がたくさんあり、実は手芸をしない(できない)私でも見ているだけで本当に楽しい!

結局トワル・ド・ジュイはピンとくるものがありませんでした。でも、ワインのエチケット(ラベル)の柄の生地がつぼにはまり、こちらをお友達とお揃いで購入しました。クッションカバーにしたら良いかなと思ったのですが、そういえば私はお裁縫ができないんだった。かなり多めに買ったので、端をちょっと縫うだけで済みそうなテーブルクロスにしてもよいかな。でもやっぱりクッションカバーがいいな~ いつか帰国したときに母に作ってもらいましょうか(笑)

こんな私でもこの冬は手仕事をしてみようかなと思えるような、とても楽しいところでした。
でもモンマルトルは治安の悪い地域。パリの情緒が溢れる場所なのですが、普段は滅多に足が向きません。スリやひったくりに十分気をつけて、行かれるときは明るい時間帯に!メトロも要注意です。今日もモンマルトルへ向かうメトロ内のアナウンスが、スリには気をつけましょうではなくて、スリが乗っていると断言していました・・・

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_16412736.jpg
寒い季節になってもテラス席。ベルギービールで一息つきました。席近くにあるストーブのおかげで背中はぽかぽか、眠くなってしまいました。

主人が注文した大きなグラスのビールはアルコール度数が8%!ビールにしてはかなり強かった。私の赤いビールはクリークというチェリー味のビール。ちょっと酸味があって、甘すぎなくて美味しかったです。

アントワープ、グルン広場での夕方のひとときでした。


ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
 
d0308567_18352636.jpg
先週からぐっと寒くなりました。日中の気温が10℃に届かない日もちらほら。今日も辛うじて10℃以上になってくれるかなという感じです。秋は一瞬で終わってしまいました。

日曜の朝は久しぶりにカフェでフランスらしい朝ごはんを。カフェ・クレームで体を温めます。でもその後マルシェを歩いていたら、体がまた冷えてしまいました。寒い〜
d0308567_18352617.jpg
マルシェは久しぶりでしたが、置いてあるものがすっかり冬のものに変わっていました。マルシェは季節をいちばん感じることができる場所。早速冬野菜のビーツを買ってみました。真空パックになっているビーツは一年中スーパーで手に入りますが、この時期はマルシェで丸ごと皮付きで茹でられてるものを買うことが多いです。とても甘くて美味しいです。

寒くなるとまだ10月なのにクリスマスを連想してしまって、何だか気持ちが焦ってきました。きっとあっという間に年末が来るのでしょうね。

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_07312065.png
たらこスパゲッティを無性に食べたくなっていたところでスーパーで見つけたのが、上の写真のもの。
Oeufs de Cabillaud fumés、鱈の卵の燻製、ということはタラコ?
d0308567_07320669.png
パッケージを開けると、大きなたらこの塊が姿を現しました。でも、燻製なので固いです。良く言えばからすみのような感じ?

燻製の皮を剥き、潰してオリーブオイルと混ぜてパスタソースを作り、茹でたスパゲッティと和えてみました。久々に奮発して買った青じそもトッピングしてみます。うん、意外にいける!懐かしい味になりました。
d0308567_07313288.png
この燻製をそれこそカラスミのように薄く切ってご飯に乗せても美味しかった~ 食感は普通のタラコとは違うけれど、海外ではこれで十分です。実家で昔食べていたたらこのコロッケ(じゃがいもにたらこを混ぜたコロッケ)も再現できました。

冷凍されたたらこや明太子はアジアや日系食品店で買うことができると思うのですが、現地のスーパーで手に入るものを工夫して使うのも面白いものです。他に例を挙げると、鍋物に春菊の代わりにルッコラを使うのもヨーロッパ在住の日本人の知恵です。



ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
先月末の週末を利用してポルトガル北部の町、ポルトを訪れました。
まず目を奪われたのは、アズレージョと呼ばれる青い装飾タイル。美しいアズレージョはポルト中央駅構内や町の教会など様々な建造物を飾っています。

サン・ベント駅構内のアズレージョ。
d0308567_06385342.png
d0308567_06384700.png
サント・イルデフォンソ教会のファサード
d0308567_06385789.png
アルマス礼拝堂
d0308567_06390194.png
そして、カテドラル(大聖堂)の回廊の18世紀のアズレージョが個人的には一番好きです。今まで色々な教会の回廊を見学してきましたが、これほど華やかなところは初めてでした。
d0308567_06390665.png
d0308567_06391077.png
d0308567_06392058.png


ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_07505103.png
まだ行ったことのない公園を散策してみたいと思い、5区にあるパリ植物園へ出かけてみました。
ルイ13世の時代に王立薬草園として設立されたパリ植物園。現在は敷地内にバラ園、温室、自然博物館、動物園などがある市民の憩いの場所となっています。

夏も終わりかけのときに行ったのですが、色とりどりの珍しい花が辛うじてまだ咲いていました。
動物園もあるからなのか、この植物園は他の公園と比べて小さな子供連れの家族が多いような気がします。
d0308567_07512210.png
d0308567_07512918.png
d0308567_07513576.png
パンテオンやムフタール通りからもそう遠くないところにありますので、カルチェ・ラタンを散歩するときにでも訪れてみてはいかがでしょうか。都会の町の中にこのような場所があるとほっとします。


ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_07212758.png
今年の夏休みには嬉しい再会がありました。ドイツで通っていた中学・高校の同窓会が開催されたのです。
高校卒業からちょうど20年、ということは、皆と会うのも20年ぶり。せっかくヨーロッパにいる今出席しておかないとと思い、ドイツへ向かいました。卒業後はドイツ語環境になってしまったので、私の英会話力はかなり錆付いているはず。とても心配でした。

同窓会の会場は昔住んでいた地域にある、ビール醸造所に併設されたレストラン。父がこの醸造所でよくビールを大量に買っていたような記憶があります。さて、ドキドキしながら会場へ行くと・・・うーん、欧米人の特に男性の変わりようは激しくて、誰が誰だかなかなか分からない(笑)あ、自分のことは棚に上げています。SNSで皆とつながっているので、お互いの近況はなんとなく分かっています。私も合流するやいなや、「フランス語しゃべれるようになった?」と聞かれました。

私の母校は様々な国籍の生徒が集まる学校で、共通語は英語です。授業は英語ですがドイツ語も毎日勉強しなくてはいけません。日本からここへ転校してきたときはとても大変でした。授業が分からないことよりも、なかなかクラスメートの輪の中に入れないことのほうが辛かった。この頃のことは覚えていたくないことだったのか細かい記憶がないのですが。でも、若さってすごい。しばらくするといつのまにか慣れて楽しくなっていたようです。
d0308567_07252634.png
食事の後は、夏の風物詩のキルメス(移動遊園地。私のハンドルネームです)を散策して二次会会場へ移動。繁華街のパブに落ち着き、そこからが長かった!飲みながら夢中でしゃべっているうちに、皆が昔の姿そのままに見えてきました。ああ、やっぱり変わってなかった。今こうして笑っていられるのだから、最初に辛かったことも良い思い出にしてしまってもよいのかな。その経験があったからこそ、図太くなって今フランスでなんとかやっていけているのかもしれないし(笑)

私が会場を後にしたときは、既に夜の2時を過ぎていました。自分のことではないのに一緒に付き合ってくれた主人には感謝です・・・

クラスメートは色々なところへ散ってしまっているので小規模の同窓会でしたが、アメリカから、ドイツ周辺国から、ドイツ国内から10名ほど(それぞれの配偶者を除いて)が集まることができました。5年毎の開催なので次回はまた5年後。出席できるかどうかは分かりませんが、いつまでもこの繋がりが続いてほしいなと思います。昔からクラスのまとめ役の幹事のO君、今回も本当にどうもありがとう。

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_06240539.png
いつのまにか10月になってしまいました。夜の気温が10度を切り始め、アパートの暖房のスイッチが入るのが待ち遠しい毎日です。

先日、たまたま歩いていた道でブロカント(蚤の市)が開催されていました。上の写真は私のブロカントでの初めての収穫物です。3つで何ユーロというようなコーナーにあったものなので値打ちのあるものではないのですが、形が気に入って思わず買ってしまいました。

丸いフォルムの小さなフォークは牡蠣を食べる用のフォーク。でも、ケーキを食べるときなど普段からどんどん使おうと思います。左のケーキナイフにはSOLINGEN(ゾーリンゲン)と彫られていたのでドイツ製でしょうか。ちょうどケーキナイフが欲しくて探していたところだったのでちょうどよかった。

最近、町のあちこちでブロカントが立っているのをよく見かけます。物を見る目に自信がない私はただ見て歩くだけになりがちなのですが、それだけでもとても楽しいです。でもいつか、これはと思えるアンティークに出会えるといいな~


ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]