<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

d0308567_7455022.jpg

間があいてしまいましたが、気を取り直してライン川下りのアップの続きを・・・
リューデスハイムを楽しんだ翌日は、お待ちかねのライン川下り。まだちょっと肌寒い朝9時にコブレンツ行きの船に乗り込みました。コブレンツまで約4時間の旅の始まりです。
d0308567_7464664.jpg

快晴だったので船内にいる人は誰もいなく、私達もデッキに並べられた椅子に座ってゆっくり景観を楽しむことにしました。前日にワインをたくさん飲んだので、この日のお供はビール。

リューデスハイムからコブレンツまでの約70kmの区間はロマンティック・ラインと呼ばれ、最もライン川らしい景色が見られる区間です。船の左右には古城が次々と現れてきます。最初はガイドブックでそれぞれどの城なのか確認していたのですが、それも段々面倒になり、ただただ景色と雰囲気を味わうことにしました。
d0308567_7482162.jpg

d0308567_749152.jpg

d0308567_752555.jpg

d0308567_7532411.jpg

ハイネの詩で有名なローレライの崖。たしかに、ここの川幅は狭くカーブがきつい。昔から多くの船が転覆したことからローレライ伝説が生まれた、というのも分かります。
d0308567_754039.jpg

実は高校生の頃、緑が美しい5月にこの船に乗って同じ景色を見ているはずなのに、ほとんど記憶に残っていません・・・そのときは翌月に高校卒業を控えていて、最後の期末試験の勉強に追われててんてこまい。リューデスハイムや船の中での私の写真はどれも浮かない顔をしています・・・家族が写した船の中での写真では、景色には目もくれずペンを片手に勉強している私の姿が。道理でほとんど覚えていないわけだ(笑)卒業後すぐに日本へ帰ることになっていた私を両親がせっかく連れてきてくれたのにと、後で残念に思っていましたが、今回リベンジできてよかった。
d0308567_7552956.jpg

4時間の船旅はあっという間。終点コブレンツに到着しました。
ドイツ語は男性、女性、中性名詞があるのですが、ライン川は男性名詞。(ちなみにドナウ川は女性名詞です)パリの街を流れるセーヌ川のような華やかさはなく(そういえばセーヌ川はフランス語で女性名詞です)、ハイネの詩にあるように静かに流れ、そのなかでも力強さを感じました。
ライン川の流れのように静かにゆったりと・・・とても良い時間を過ごせました。
[PR]
d0308567_4411861.jpg

ゴールデンウィークを楽しく過ごされましたか?フランスも今月は祝日が3日あり、しかも今年は全て木曜日。金曜日に休みを取れば四連休という週が三週もあります。いつのまにか5月になってしまったので、先月のイースター休暇に行ったドイツ旅行のアップを急ぎたいと思います。

旅の目的はライン川下りのクルーズを楽しむこと。大聖堂で有名なケルンや私が昔住んでいたデュッセルドルフもライン川沿いの街ですが、今回は最もライン川らしい景色が見られるリューデスハイムという街からコブレンツという街までの約70kmの区間を船でのんびりと下っていきました。

パリ東駅からフランクフルトまでICE特急で4時間、フランクフルトからローカル線に乗り換えて1時間でライン川下りの出発点リューデスハイムに到着しました。翌日の朝に船に乗ることにしていたので、第一日目はリューデスハイムをゆっくり楽しむ予定。

ホテルにチェックイン後は早速ランチタイム。この季節にはシュパーゲル(ホワイトアスパラ)は外せません。フランスでも食べられますが、特にドイツ人のホワイトアスパラに対する思いはすごいものがあります(笑)
d0308567_443353.jpg

ドイツといえばビール!ですが、ラインガウ地方と呼ばれるライン川沿いのこの地域は白ワインの産地として有名なのです。街にはヴァインシュトゥーベ(ワイン酒場)がたくさんあり、その多くはつぐみ横丁(通称ワイン横丁)という街の名物の路地に集まっています。夜はどこでワインを飲もうかな~ 横丁はかなり観光地化されてはいますが、ドイツ風の店の看板もかわいらしいし、雰囲気が好きです。
d0308567_4482027.jpg

この日は最高のお天気だったので、ゴンドラリフトに乗り、街周辺に広がる古代ローマ時代からのブドウ畑を見下ろしながら、ニーダーヴァルト記念碑のある丘の上を目指しました。まだ季節が早いため、ブドウ畑は緑の絨毯のようではなかったけれど、リフトからの眺めは最高です。
d0308567_4523633.jpg

d0308567_6195430.jpg

そして、丘の上から見渡すライン川はまさに絶景でした。丘自体も森のようになっていてマイナスイオンがいっぱい。丘の一番高いところに立つドイツ帝国統一を記念するニーダーヴァルト記念碑はとても大きく、ライン川からもよく見えます。とても迫力のあるものですが、眼下に広がるブドウ畑やライン川というのどかな風景にはちょっと不似合いのように感じてしまいました。
d0308567_5574261.jpg

d0308567_5583348.jpg

d0308567_5591145.jpg

その後はまたリフトで丘を下り、ひたすら街をてくてく。
d0308567_685530.jpg

d0308567_694218.jpg

d0308567_6221860.jpg

とても小さな街ですし、特に名所があるわけではありませんが、きれいな景色や可愛らしい街並みを見ているだけで心が和みます。

さあ、翌日はいよいよライン川下り。実はドイツに住んでいたときにも家族と一度船で下ったことがあったのですが、ある事情のためせっかくの景色が記憶にあまりなかったのです。船に乗っている証拠写真はあるのですが・・・
[PR]