カテゴリ:ワイン( 13 )

d0308567_09324285.jpg
昨日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日でしたね。
日本の方がフランスでよりも盛りあがっているなと思いました(^-^) ワイン好きにとっては楽しい日ですね。
解禁日は、カルディで買ったボジョレーで祝いました。今年は、春と初夏の悪天候&その後の高温のため生産量は少ないけれど、出来が良いとか。さてお味は…確かにボジョレーとは思えないほど、軽すぎなくて味わいのあるワインでした。美味しかった〜 一回で飲み切りたかったので、ハーフボトルを選びました。
d0308567_09485587.jpg

料理の写真はないのですが、ボジョレーと合わせたのは鍋料理。こちらはカルディで人気の鍋つゆだとか。最後の締めはチーズリゾットにしました。

実は、ボジョレーの本当の楽しみは明日までお預けなのです。ブログで仲良くして頂いている方が毎年注文されているというボジョレーを、私もネットで買ってみました。注文するのが遅かったので解禁日に間に合わなかったけれど、週末が楽しみです!

[PR]
d0308567_10351479.jpg
何だかまだ疲れが取れず、お酒を飲む機会は減っていますが、たまに楽しんでいます。
近所のカルディで買った白ワイン(シャルドネ)がとても美味しかった〜 カリフォルニアワインでした。審査員が全員女性だという、サクラアワードで「シルバー」を受賞したワイン。

Redwood Vineyards 2014
Chardonnay

カルディで700円位だったと思うのですが、とてもコスパの高いワインでした。水菜と豚肉の炒め物と美味しく頂きました。パリで食べられなかった水菜…スーパーで見たら買わずにいられなくなっています。

[PR]
d0308567_08243988.png
今年もボジョレー・ヌーヴォーの解禁日を迎えました。去年の解禁日がついこの間のことのようです。早いなあ。
今年のボジョレーも二コラで買いました。選ぶのを手伝ってくれたのも、いつものムッシュ。去年は3種類あるうちの中くらいの軽さのワインを買いましたが、今年は一番こくのあるワインを選びました。一番軽いものとは色が全く違います。

夫はここ2週間ほど胃が不調で、昨日はついに病院へ行かなくてはいけなくなるほどでした。しばらく断酒していたのですが、やっぱりお祭りだものね。一口ぐらいはいいかな。ということで、夫にとっても(アルコール)解禁日。
d0308567_08244604.png
ボジョレーとは変な組み合わせになってしまうかもしれないけれど、胃が辛い夫のためにササミのさっぱりフォーを用意しました。(写真とるのを忘れました)ほとんど私が食べることになるかと思いながらコンテチーズも出したけれど、夫もパクパクと食べていました。結構ワインも飲んでいたようだし・・・胃は大丈夫なのでしょうか。

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_00005321.jpg
だいたい毎年9月中旬から10月初めにかけて、大手スーパーやワインショップでFoire aux vins(ワインフェア)が開かれます。スーパーでも普段から(日本に比べると)たくさんのワインが並んでいますが、このフェアの期間中にはいつもにも増して多くの種類のフランス各地の(一部外国ワインも)ワインが集結します。毎年の小さな楽しみ♪買い物へ行く度に、興味のある地方のワインを1本は家へ連れ帰っています。でも、我が家は自宅での飲酒は基本的に週末だけ。土、日曜日の2日間かけてワイン1本です。意外でしたか?(笑)このペースだと必然的にワインは溜まっていきますね・・・

今年の9月はいつまでも暑かったので、主に白ワインに目が行きました。白ワインはアルザスのものが好き。
d0308567_00010352.jpg
Ruhlmannのクレマン・ダルザス(アルザスのスパークリングワイン)。これはエクストラ・ブリュットなので、超辛口。半端なくキリッとした味わいで、かなり好みの味です。普通の辛口は普段もモノプリに置いてあって、それも好きでよく飲んでいます。
d0308567_00013855.jpg
こちらもアルザスの白ワイン、リースリング。生産者はDomaine Zind-Humbrecht。実はまだ飲んでいないのですが、開けるのが楽しみです。
d0308567_00013061.jpg
こちらもアルザスですが、白ではなくピノ・ノワール。軽い赤ワインでした。これを飲んだときは体調がいまいちだったので味がよく分からなかったのが残念です。夫はとても美味しかったと言っていました。また買ってきてほしいとのことだったけれど、すぐに売り切れていた・・・人気があるワインだったようです。

モノプリでのワインフェアは一応今週末まで。上記のもの以外にもちょこちょこ買い集めてはいますが、大好きなフランス南部の赤ワインを中心にもう少し見てみようと思います。そして、毎年11月末に見本市会場で行われる、本格的なワインフェアもとても楽しみ!

そうそう、ワインのお供は生ハム&メロンから生ハム&いちじくへ選手交代しました。季節が巡るのは早いな~
d0308567_00041413.png


ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_07381583.png
37℃の猛暑の先週末に、頂きものの日本酒を飲みました。本当に久しぶり!
d0308567_07382401.png
「茜さす」。長野県佐久市のお酒です。どのように飲むのが正しいのか分からなかったけれど・・・とにかく暑いので、冷やして頂きました。おちょこに一杯ずつアペリティフに。どのように味を描写したらよいか分かりませんが、甘味のあるまろやかなお酒。暑さでダレている体に優しい味がしみわたりました。
d0308567_07383656.png
サウナのようなアパートで料理をするのは辛い!でも、素麺など冷麺が連日のように続いていたので、本格的にバテないように決死の覚悟で火を使って夕食を作りました。ココナッツオイルのポークソテー、カレー風味。やっぱり豚肉を食べると元気になりますね。

今週もまだ暑いけれど、少しでも30℃を切ってくれているとだいぶ過ごしやすいです。


ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
あまり真夏という感じではない気温と天気が続いているパリですが、暑くも寒くもなく過ごしやすくて助かっています。どんなお天気でも、この時期はワインといえばロゼを選びがちです。それが季節感というものでしょうか。

スーパーのワインのコーナーでロゼワインが占める率が夏には高くなります。もちろん通年売られているけれど、夏には更に多くの種類のロゼが並びます。

特に私が大好きな2種類のロゼはこちら。
d0308567_07564881.png
HERITAGES TAVEL
生産者:OGIER

このワインは好きすぎて、季節を問わず家に常備しています。ロゼだけど色も味も少し濃く、赤ワインに近い感じ。生産地はアヴィニョンの近くなので、プロヴァンス地方に近いけれどローヌ地方です。私はいつもスーパーのモノプリで買っています。
d0308567_07570071.png
もう一つはプロヴァンスのロゼです。エクス・アン・プロヴァンスの近くで作られています。
AIX
生産者:LA MAISON SAINT AIX

これは昨夏にエクス・アン・プロヴァンスへ行ったときに買ってきて、とても気に入ったワイン。最近、近所のワインショップのショーウィンドウに並んでいるのを見たので、現地へ行かなくても買えることが分かってとても嬉しいです。

夏にフランスへいらっしゃる際には、ぜひテラスでロゼワインを楽しんでみてくださいね。


ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_09065714.png
今年も行ってきました、サロン・デ・ヴァン(ワインフェア)。このために11月最後の週末は毎年予定を空けています。3回目ともなると要領よく会場を回ろうということで、何日も前から主人と作戦会議を開いてきました。

会場に入ってからすぐに向かうのは、毎年買っている生産者さんのスタンド。その他に、ぜひ試飲して買いたい地方のワインに狙いをさだめて回りました。狙いをさだめるとはいえ・・・目当ての地方・種類のワインの生産者さんの数は膨大。それでは、その中から何かしらの賞を授賞しているところへ行こうと思っても、それもまた多い。結局最後に頼るのは主人の勘です(笑)この勘が意外に侮れないのですが、今年も大当たりでした。

今回は作り手さんへお聞きしたいことがたくさんありました。色々質問してみると、これも飲んでみて、こっちと比べてみてとどんどん勧められます。例年よりも回ったブースの数はずっと少なかったはずなのに、試飲した量はずっと多かったと思います。ごちそうさまでした♪
d0308567_09065270.png
今年ぜったいに欲しかったカオールワイン。マルベック種特徴の濃さから「黒ワイン」とも呼ばれています。タンニンが豊富なかなり強いフルボディでありながらも、角がとれたまろやかな口当たり。私の好みです。長期熟成のワインですが、右のボトルの方はちゃんとした環境で保存すれば25年も置いておけるとのこと!フランス南部のミディ=ピレネー地域にあるカオール。一度ぜひ行ってみたい町です。
d0308567_09070358.png
こちらは毎年購入しているサンテミリオンのワイン。寡黙な職人タイプのムッシューがいつもブースに立っています。こちらのワインが大好きですよと言うと、ちょっとはにかんだ笑顔で嬉しそうにしているご様子が大好きです。

今年もすーつケースなどを持参して、6つのワイナリーから計15本購入しました。重かった~

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_01575863.jpg

つい昨日もサンドニで大規模な突入作戦があり、ボージョレ解禁のことをすっかり忘れていましたが、ニコラ(ワインのチェーン店)の前を通ったときに思い出しました。こんなときだけれど、やっぱりせめて家の中では楽しもう。そう思ってお店に入りました。3種類置いてあった中からお店の人から説明を聞いて買ったのが写真のボージョレ。フルーティーで、重過ぎず軽過ぎずのワインだそうです。

事件現場から離れている我が家の地域は、おかげさまで普段と特に変わらない雰囲気です。でも、近所のショッピングセンターとスーパーに行ってみると、びっくりするほど人が少なかったです。いつもは混んでいる時間なのに。ガードマンには荷物検査だけではなくて、コートの前を開けるようにとも言われました。自爆ベルトやベストを着用していないかのチェックですね。人が少ないスーパー…何だか落ち着かなくて、最低限必要なものだけをさっと買って、足早に立ち去りました。やっぱり、万が一のことを考えると長居するのは何となく怖いかな。

何だか重苦しい気持ちの帰り道に寄ったのが上記のワインショップ。いつもワイン選びを助けてもらっている、お店のおじさんの明るさが嬉しくて涙が出そうになりました。今日は当然ボージョレ・ヌーヴォーだよね!と、楽しそうにワインの説明をしてくれました。

もちろん悲しみからまだまだ立ち直れていませんが、パリの人達は普段の生活を保とうと前を向いています。このようなことがあった中を人々が団結したり助け合ったりしている話を聞くと、世の中まだまだ捨てたものではないと思います。

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
d0308567_06245988.png
夏といえばロゼワイン♪ 今は他の季節よりも様々な種類のロゼワインがスーパーのワイン売り場に並びます。

写真は最近教えて頂いて購入したロゼワイン。ボトルの底がなんとバラの花の形になっています。蓋付きのボトルなので、後でミネラルウォーターなどを入れてもおしゃれに使えそうですね。ワインも好みの味だったので、既に何本か買いだめしてしまいました。
d0308567_06250693.png
置いてあるかどうかは店舗によるのかもしれませんが、フランプリやモノプリなどのスーパーで7ユーロ弱で手に入ります。他のワインよりもボトルが重いのが難点ですが、お土産に喜ばれそうですね。女性向きかな。

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


パリは・・・
[PR]
ワインのアップは久々になってしまいましたが、着々と美味しいワインを発掘しています。知識に欠けるので自力のみでは難しいのですが、お友達との情報交換やワイン・おもてなし教室の先生のおかげで手頃なお値段ながら(これ大事!)味わいのあるワインを知ることができて嬉しいかぎり。
d0308567_00574826.png
最近飲んだアルザスワインの人気の生産者、ルネ・ミューレのクレマンダルザス。
主人が栓を開けるときにちょっとした事故が起きました。栓を留めている針金を外した途端、栓が勝手に飛び出して主人の鼻を直撃(笑)とても泡が元気なスパークリングワインでした。このクレマンはお店で見つけたらぜひ飲んでみてと勧められていたのですが、すっきり辛口で美味しかったです。この日のメニューはジャージャー麺。

René Muré
Crémant d'Alsace Cuvée Prestige



d0308567_00583088.png
こちらは同じくルネ・ミューレのピノ・ノワール。白ワインが主のアルザスでは珍しい赤ワイン。ちょっと軽めなので1時間ほど冷やして飲むと美味しいと教わりました。我が家は軽めながら洋風のおつまみと合わせましたが、肉じゃがにも合うワインとのこと。つまり普通の和食と頂けるということですね。普段はやはり和のごはんが多いので、それに合うワインを教えてもらえるととても助かります。これもとても美味しかった!アルザスワイン特有の細いボトル、すっきりした形がとても好きです。

René Muré
Signature Pinot Noir 2013

*Signature(署名)の名前の通りお墨付きの味でした。

ランキングに参加しています。
応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

いよいよ・・・
[PR]