今度はビワ

d0308567_20103809.jpg

またまた夫の実家から嬉しいものを頂きました。
南房総のビワ!夫の両親が住む町はビワの名産地で、露地物のビワは皇室へ毎年献上されているそうです。

ビワは足が早い上に、夫は出張でパリへ…(私も行きたい〜)結構な長期出張なので、2キロものビワを私1人で食べきれるのかな。シロップ煮でも作るしかなさそうです。結婚するまでビワは食わず嫌いだったのですが、このビワを頂くようになってから好きになりました。
d0308567_00112807.jpg

d0308567_00112991.jpg

d0308567_00113018.jpg


夫の実家は、南房総の有名な道の駅のご近所。ゴールデンウィークに遊びに行きました。綺麗な花が咲き乱れていました。
d0308567_00113005.jpg

d0308567_00113123.jpg

ビワを使ったお菓子など、ビワ製品がたくさん売られていますが、一番人気はビワのソフトクリームかな。美味しくて大好きです。今回はちょっと肌寒くて食べられなかったので、また夏休みに!その代わりに、ビワ葉茶ラテで温まりました。

南房総はとても人気のある観光地なのですね。連休に行ったのは初めてだったので、賑わいぶりにびっくりしました。

さてさて、パリ生活やヨーロッパの旅行についてなかなか書けなくてごめんなさい。様々なことに気を取られて、写真を探したり選んだりする余裕がなく…時間の管理が下手なのです(>_<)でも、夫が今日ビデオ通話で、パリの元自宅近くをライブで見せてくれて、懐かしくてたまらなくなりました。色々な記憶が抜け落ちていく前に、ちゃんと記事にしておかないと!ブログのペース自体が落ちてしまっていますが、もう少し頑張って記録していきたいと思います。

[PR]
by kirmes327 | 2017-06-19 20:05 | Comments(4)
Commented by Sabio at 2017-06-20 06:31 x
おはようござまいます。
2㎏ものビワ、羨ましいです~
お近くなら、私のケーキと物々交換させて頂きたいところですが、遠すぎますね(笑)

簡単に作れそうですが、びわ酒は如何ですか?
ジャムは怖いほど砂糖を入れるので、私はジャムは作らないんです。

実家の庭にビワの木があり、梅雨の湿度が高く暑い日に、一家総出でもいでいました。
実がなると木がたわんで、隣の通路にまで出るので(*_*)
両親が亡くなり実家も売却したので、ビワ狩りもなくなりました。
種が大きくて実は少ないのですが、好きでした。
「庭でなるもの」という認識なので、今も買う気にはなれません(笑)
Commented by aloha_pandaflower at 2017-06-20 22:25
たくさんの枇杷ですね^^瑞々しい~♪

私も幼い頃に住んでいた場所で枇杷の木があり、時期になったら
近所のみんなで取って食べてた思い出があります。
お菓子やコンポートなどにする術は我が家の両親はおそらく知らなかった(笑)ので
びわの果実酒にしていたのを覚えています。

ご主人様は長期出張なのですね。
懐かしいパリだとついて行きたくなりますよね~。
私も若い頃は主人が長期で3か月とか居ないことがあり(国内ですが)、
その頃は地元であったことと実家が近かったのが唯一救いだったことがあります。

海外で生活されてこちらに戻られてまだ数か月。
色んな時間の使い方があるかと思います^^
生活スタイルも色々変化していくかと思います。。。
ご自分のペースで記事UP、楽しみにしています。


Commented by kirmes327 at 2017-06-21 18:05
> Sabioさん
お近くだったらおすそ分けさせて頂けたのに、残念です。そして、Sabioさんのケーキと交換だなんて、夢のようです〜
びわ酒にするという方法がありましたね(^-^)我が家は既にお酒が一部屋を占領してしまっていますが(笑)、ジャムよりも簡単にできそうですね。
ご実家に枇杷の木があったのですね。実をもぐことは、毎年恒例のご家族の行事だったのでしょうか。とても楽しそうです。
たしかに、お店でなかなか買う気にはなれませんね。私も、空豆や枇杷は夫の実家から頂けるもの、という認識になりつつあります(笑)自力で収穫していないのに…ありがたく感謝して頂くことにします。
Commented by kirmes327 at 2017-06-21 18:33
> aloha_pandaflowerさん
pandaさんも枇杷の思い出があるのですね。楽しそうです!
本当に足が早い果物なので、食べる方も必死です(笑)やはり枇杷酒は良さそうですね。コンポートなどは皮を剥いたり種を取ったり…大量だと大変かもしれませんね。なんて言っている間にどんどん熟してきてしまいました。

最近になって、パリのことがものすごく懐かしくなってきました。夏のテラスでのロゼワインとか、ワインにまつわる思い出が真っ先に頭に浮かびますが(笑)。3ヶ月もご主人様がご不在とは、大変でしたね。やはり家でお話できる人がいないのは辛いですよね。その頃はご実家が近くて本当によかったです。

自分の国はやはり暮らしやすいのですが、それでも新しい生活に完全に馴染むのは難しく感じています。なにか次の目標を持って新しいことを始めなきゃと気持ちだけが焦ってしまいます。パリでは、楽しむのも勉強するのも、ただただ普通に暮らすことへも常に100パーセントのエネルギーを注いでしまっていたので(笑)、何だか今頃になって疲れがきているようです。そろそろ新しい生活ペースをつかんで、メリハリのある時間の使い方をしたいところです。ますますマイペースな投稿になってきていますが、どうぞよろしくお願いします♪