ニュルンベルクのクリスマスマーケット Christkindlesmarkt「クリストキントレスマルクト」

第4アドヴェントの週末に、ニュルンベルクのクリスマスマーケットを見に行きました。世界的に有名なマーケットなだけあって、大勢の人。でも、もっとすさまじい混雑を予想していたので、意外に楽に見ることができたような気がします。
ここはクリスマスマーケットのメイン会場となるハウプトマルクト。旧市街の中心にある大きな広場です。
では、マーケットの様子を見てみましょう。
d0308567_18074454.png
d0308567_18075286.png

d0308567_19214550.png
ニュルンベルク名物レープクーヘンなどを売っているお菓子屋さんのスタンド
d0308567_19303634.png
可愛いクリスマスオーナメントのスタンド。私の手が写っています(笑)
d0308567_06552806.png
クリスマスマーケットは何と言っても暗くなってからの雰囲気が最高。
d0308567_08312395.png
d0308567_08310770.png
教会の前では、楽団がクリスマスミュージックを奏でていました。こういうちょっとしたことにも感激してしまいます。
d0308567_08313112.png
ニュルンベルクのクリスマスピラミッド。
d0308567_08311650.png
南ドイツの寒さはパリの比ではなく、滞在中の日中最高気温は1℃でした。グリューワインを飲んで体を温めないともたない・・・寒空の下で飲むグリューワインがこんなに美味しいと思ったのは初めてでした。こんなに飲んだのも初めて。去年ミュンヘンのマーケットを訪れたときはもっと暖かったような気がします。
d0308567_09070519.png
グリューワインを飲んで、クリスマスオーナメントやお菓子の出店をただ見て歩くだけなのに、どうしてこんなに楽しいのでしょう。皆のウキウキ幸せ気分がその場に漂っているからかな。クリスマスはやっぱり特別な気分になります。

ニュルンベルクからパリへ戻ってきて程なくして、ベルリンの事件が起きました。事件現場の広場は、学生時代に毎日のように通った場所です。大学の授業が終わった後や週末に、ここのクリスマスマーケットで楽しい時間を過ごしました。
トラックが突っ込んだ後の、めちゃめちゃになったマーケットの映像を目にして、とても悲しい気持ちになりました。本当はクリスマスまでの日を指折り数えながら、幸せな幸せな気分で集う場所のはずなのに・・・何ともやりきれない思いです。昔とは全く違うヨーロッパ。これからの行く末が心配ですが、2017年が少しでも平和な年になってほしいと願ってやみません。


ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
by kirmes327 | 2016-12-26 09:11 | クリスマス | Comments(0)