ポワローのキッシュ

d0308567_01215112.png
ポワロー(リーキ、ポロネギ)は買っても使い切れず、かなりの量が余ってしまいます。残り物の処理にいつも頭を悩ませるのですが、今回はキッシュを作ってみました。
メインはポワローなので、量はとにかくたっぷり。角切りハム少々と共にオリーブオイルで炒めました。アパレイユは、チーズを標準の量よりもかなり減らし、牛乳と低脂肪生クリーム(12%)を半々、そして卵。フランス人にとってはあっさりしずぎかも。でも私にはちょうどよく、最後まで美味しく頂けました。
d0308567_01220981.png
キッシュの生地はいつも市販のものを使っています。ブリゼ生地やサブレ生地、ピザ生地もロール状に巻かれている冷蔵のものが売られています。オーブンシートと一緒にくるっと巻いてあるので、生地を広げて紙ごと型に敷けばOK。簡単です。たぶん、キッシュの生地から手作りする人はこちらではほとんどいないのでは・・・

通常は直径30cmのビッグサイズの生地ばかりが売られています。ヨーロッパの型は28~30cmの大きな型が主流ですしね。でも、25cmの型用の小さめサイズ生地を最近初めて見つけました。我が家の24cmの型(一応フランスで買ったパイ皿です)にもぴったり。いままで余分な生地をカットしたり余らせたりするのは面倒だったので、とても助かりました。でも、直径25cmの生地も日本ではビッグサイズかな。

帰国前にパリの写真を撮りにもっと出かけたいのですが、水道の元栓など、家の中のものに次々と不具合が見つかり、落ち着きません。まあこの4年間ずっとこんな感じでしたが、何も最後の1、2か月に集中しなくてもよいのに。あちこち電話して修理の手配をして・・・面倒ですが、インフラが弱いフランスでは仕方のないこと。

フランス語はもちろんまだまだですが、たしかにトラブルが起きるごとにフランス語が上達しているましになっているような気がします。電話も慣れました。(フランス語が間違っていても恥ずかしいと思わなくなってきただけですが)そして、何か起きるたびに近所の人と知り合えたり、助けてもらったり・・・かえって良い結果になることが常でした。住まいのトラブル(主に水漏れ)はフランス生活のストレスの大きな部分を占め続けていたのですが、私にとってはこんなトラブルも必要なことだったのかもしれません。でも、水漏れを見つけたときの絶望感はもう味わいたくない(笑)何も起きないことがもちろん一番です!


ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
by kirmes327 | 2016-12-14 07:00 | 料理 | Comments(4)
Commented by aloha_pandaflower at 2016-12-14 07:51
美味しそう!
生地もそういう感じでコンパクトなものがあるのですね。
私が知らないだけかもしれませんが、そういう風にクルクルと
巻かれたものは初めて見ました。

引っ越しでただでさえ忙しいのに、お家のトラブルは辛いですね~(><)
電話で対応されるご苦労もなんだか記事を読んでいるだけで
ヒシヒシと伝わります。
自国の日本でさえ、こういうトラブルの電話するときはめんどくさかったり、
内容を伝えるのが難しかったりします。
たぶん、日本に帰られると色んなことを感じられるかもしれませんね。
でも、振り返ると海外生活での様々な経験が「味ある生活」と感じることもあるかも♪
Commented by kei-kana38 at 2016-12-14 20:43
こんにちは。
フランスは冷凍食品が充実していて、みなさん上手に使われるそうですね。
ポロねぎって、日本だとなかなかないのですが、
フランスではポピュラーなのですね。
甘みがあって、美味しそうです。

謙遜されていますが、フランス語、上達しているんですよ。
帰国前、いろいろ大変でしょうが、残りの時間を楽しんでくださいね~。
Commented by kirmes327 at 2016-12-16 18:32
aloha_pandaflowerさん

ロール状の生地はヨーロッパではどのスーパーでも売られているかなと思いますが、日本では私も見たことがないです。伸ばす必要もなく味も問題なく、本当に便利!すっかり楽させてもらっています。
住まいのトラブルはゲンナリしてしまいますね。状況をどうやって説明すればよいのか、いつも頭を抱えてしまいます。しかも想定してなかった質問が飛んできたら冷や汗が…きっと日本でも対処するのは大変なのではと思いますが、問題に遭遇する回数はぐっと少なくなるのかなと期待しています(笑)でも、フランスらしい生活の思い出として、後で懐かしくなるのかもしれませんね。
Commented by kirmes327 at 2016-12-16 18:35
keiさん
クリーム煮やマリネにしたり、ポロネギは身近な野菜だと思います。加熱すると甘くなって美味しいです。あまり辛味はないのですが、ネギ(日本のものに似ているもの)がないときには代わりに使っちゃっています。

最初の頃は途中で電話を切られたりして、心が折れました(笑)でも遠慮して小さくなって暮らすのも辛いので、段々開き直ってきました。流暢に話せるようになるのは無理ですが、少しはリラックスしてコミュニケーションを取れるようになったのはよかったのかなと思います。心臓に毛を生やしただけですね(笑)
こんなことも懐かしく思い出しながら、あと1ヶ月を楽しく過ごそうと思います。