コッツウォルズ地方を巡る バイブリー sanpo

d0308567_07585230.png
バーフォードの散策後はまたバスに乗り、コッツウォルズの綺麗な村々の中で最も有名な村、バイブリーへ向かいました。

バイブリーの一番の見どころは、アーリントン・ロウと呼ばれるコテージ。14世紀に羊毛倉庫として建てられ、17世紀に織物工の住居としてコテージへ改築されました。現在は歴史的建造物の保護団体であるナショナル・トラストが管理・賃貸をしており、コテージに実際に人が住んでいます。ですので、あまり近くからは撮影できません。この家々も、やっぱりライムストーンでできています。
d0308567_07590577.png
d0308567_07591838.png
バイブリーは自然がいっぱいの村。短い滞在時間でしたが、たっぷりとマイナスイオンを浴びることができました。英国で最も美しい村の一つということがよく分かる、心が洗われるような景観でした。
d0308567_08031355.jpg
d0308567_08024859.jpg
d0308567_08015388.jpg
d0308567_08021971.jpg
コッツウォルズ地方の建物に使われているライムストーン(石灰岩)は「蜂蜜色の石」とも呼ばれています。その落ち着いていながらも明るい色彩が自然と調和して、心が和む優しい風景を作り出しているのだと思います。
d0308567_08033956.jpg

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
by kirmes327 | 2016-09-13 08:47 | 旅行 | Comments(0)