静かな古都、エディンバラ

d0308567_05161948.png
スコットランドの首都、エディンバラ。
11世紀に作られた旧市街の街並みは美しく、時間がゆっくり流れていました。
d0308567_05174789.png
d0308567_05171463.png
エディンバラ城とホリールードハウス宮殿を結ぶ道、ロイヤル・マイル。旧市街の中心部です。まるで中世そのままの佇まい。
d0308567_05164116.png
路上でバグパイプの演奏をたくさん聞きましたが、その音色はこの街にぴったり。大好きになりました。

この静かな古都に身を置いていると、何とも言えずほっとした気持ちになり、落ち着いた気分になります。初めて行った所なのに、とても懐かしい感じ。華やかさはないけれどとても居心地が良く、離れるときは少し寂しい気持ちになりました。また必ず訪れたい。

私達がエディンバラに到着したのは、ちょうどイギリスのEU離脱が決まった日。つまりEU離脱の是非を問う国民投票の翌日でした。投票の結果をうけて混乱しているのではないか心配だったけれど、それは杞憂でした。エディンバラ城を見学して、スコットランドとイングランドの因縁の歴史に興味を持ちましたが、スコットランドのこれからについてもとても気になります。


ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
by kirmes327 | 2016-08-28 06:59 | 旅行 | Comments(2)
Commented by aloha_pandaflower at 2016-08-31 19:44
11世紀に作られたのですね@
長い歴史をたどってるのに、なんて素晴らしい建築、街並みなんでしょう。

どこをとっても絵になりますね。
時間のスピードがとってもゆっくり感じられそうです。

Commented by kirmes327 at 2016-09-01 13:14
aloha_pandaflowerさん

建物は煤けたような黒っぽい石でできているのですが、それがまた古都の趣きがあってとても良かったです。
本当に、ゆっくりゆっくりと時が流れているようなところでした。現地の人達も何だかゆったりとしていて穏やかで、華やかな観光地ではないけれど、何とも言えず心が落ち着く、とても素敵な町でした♪