同窓会

d0308567_07212758.png
今年の夏休みには嬉しい再会がありました。ドイツで通っていた中学・高校の同窓会が開催されたのです。
高校卒業からちょうど20年、ということは、皆と会うのも20年ぶり。せっかくヨーロッパにいる今出席しておかないとと思い、ドイツへ向かいました。卒業後はドイツ語環境になってしまったので、私の英会話力はかなり錆付いているはず。とても心配でした。

同窓会の会場は昔住んでいた地域にある、ビール醸造所に併設されたレストラン。父がこの醸造所でよくビールを大量に買っていたような記憶があります。さて、ドキドキしながら会場へ行くと・・・うーん、欧米人の特に男性の変わりようは激しくて、誰が誰だかなかなか分からない(笑)あ、自分のことは棚に上げています。SNSで皆とつながっているので、お互いの近況はなんとなく分かっています。私も合流するやいなや、「フランス語しゃべれるようになった?」と聞かれました。

私の母校は様々な国籍の生徒が集まる学校で、共通語は英語です。授業は英語ですがドイツ語も毎日勉強しなくてはいけません。日本からここへ転校してきたときはとても大変でした。授業が分からないことよりも、なかなかクラスメートの輪の中に入れないことのほうが辛かった。この頃のことは覚えていたくないことだったのか細かい記憶がないのですが。でも、若さってすごい。しばらくするといつのまにか慣れて楽しくなっていたようです。
d0308567_07252634.png
食事の後は、夏の風物詩のキルメス(移動遊園地。私のハンドルネームです)を散策して二次会会場へ移動。繁華街のパブに落ち着き、そこからが長かった!飲みながら夢中でしゃべっているうちに、皆が昔の姿そのままに見えてきました。ああ、やっぱり変わってなかった。今こうして笑っていられるのだから、最初に辛かったことも良い思い出にしてしまってもよいのかな。その経験があったからこそ、図太くなって今フランスでなんとかやっていけているのかもしれないし(笑)

私が会場を後にしたときは、既に夜の2時を過ぎていました。自分のことではないのに一緒に付き合ってくれた主人には感謝です・・・

クラスメートは色々なところへ散ってしまっているので小規模の同窓会でしたが、アメリカから、ドイツ周辺国から、ドイツ国内から10名ほど(それぞれの配偶者を除いて)が集まることができました。5年毎の開催なので次回はまた5年後。出席できるかどうかは分かりませんが、いつまでもこの繋がりが続いてほしいなと思います。昔からクラスのまとめ役の幹事のO君、今回も本当にどうもありがとう。

ランキングに参加しています。応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
by kirmes327 | 2015-10-09 07:41 | ドイツ | Comments(2)
Commented by kei-kana38 at 2015-10-09 20:05
20年ぶりの再会、素敵ですね。
当時は辛かった思い出も時間が経つと楽しい思い出に変わるのは、
きっと、今kirmesさんが幸せだからだと思いますよ。
一緒に行ってくれたご主人さまにも感謝ですね。
Commented by kirmes327 at 2015-10-10 06:22
keiさん
ありがとうございます。
どんなことでも無駄な経験ってないんだなと思いました。
そして今そう思えることが嬉しいです。
それぞれの道で頑張っている同級生から元気をもらったような気がします。私もこれからも前向きに頑張らないとと思いました。
遅い時間まで付き合ってくれた主人への感謝の印として、思い切り美味しいビールを楽しんでもらいました。