アールヌーヴォー発祥の地 ナンシー

d0308567_00325630.png
前回のナンシーのアップでロココ調の美しい広場を紹介しましたが、ここナンシーは19世紀にアールヌーヴォーが花開いた町でもあります。ガラス工芸で有名なエミール・ガレによって形成されたナンシー派が生まれた町。町のあちこちでアールヌーヴォー建築が見られます。

観光案内所でアールヌーヴォー建築巡りができる散策マップをもらう(買う?)ことができるそうですが、私達はいつものように適当に(笑)散策。それでも、たくさんのアールヌーヴォー建築に出会うことができました。
d0308567_00350454.png
d0308567_00350934.png
どれも普通の住宅街の中にさりげなく佇んでいて、多くは今でも住居や事務所などとして使われているようです。生活の中に溶け込んでいる芸術という感じで、そのさりげなさが良いなあと思いました。
d0308567_00361560.png
ナンシー派のパトロンだったウジェーヌ・コルバンの私邸を改装したナンシー派美術館は町の中心から少し離れたところにあります。ここにはガレやドーム兄弟、マジョレルなどの作品が展示されていて、それはそれは見事でした。美術作品というよりも生活工芸品として、実際に使われているかのような展示方法が面白かったです。
d0308567_00365608.png
d0308567_00372690.png
d0308567_00364657.png
d0308567_00372140.png
d0308567_00371079.png
d0308567_00371506.png
このランプが欲しい・・・
d0308567_00455041.png
d0308567_00455740.png
d0308567_00460228.png
(看板猫ちゃん。ひとなつこくて可愛かった~)

庭も建物もとても素敵な美術館でした。こんなにアールヌーヴォーの作品をたっぷり鑑賞したのは初めて。とても満足して美術館を後にしました。

ロココにアールヌーヴォー。この二つの芸術が花開いたナンシーは昔から文化レベルの高い町なのですね。


ランキングに参加しています。
応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kirmes327 | 2014-11-13 00:57 | 旅行 | Comments(0)