モンマルトル葡萄収穫祭                           

d0308567_01380644.png
上の写真は葡萄畑。のどかな風景ですね。でもここは田舎ではなくパリ、しかも有名な観光スポットの近くにあるのです。
モンマルトルの丘のサクレクール寺院の裏は高級住宅地ですが、その一角にとても小さな葡萄畑があり、ワインが作られています。
このパリ唯一の葡萄畑での実りを祝うパリ最大のワイン祭り、モンマルトルの葡萄収穫祭へ行ってきました。
d0308567_05310094.png
葡萄の収穫量が少ないので、モンマルトルのワインは毎年1000本程の限定生産。そのため値段は高いのですが味はそれほど・・・と一般的に言われています。さて私達も早速1杯!極上の味というわけではないかもしれないけれど、この機会でしか頂けない貴重なワイン味わえたことに意味がありました。
d0308567_05494012.png
d0308567_05535386.png
他にもシャンパンやフランス各地のワインのブースがたくさん出ていて大盛況。どれもとても安く、しかもグラスに並々と注いでくれます。嬉しくなってしまって、色々なワインを次から次へと(笑)ワインのお供になるフォアグラやチーズ、ドライソーセージなど、フランスの特産品のブースも。ソーセージの店では数多くの種類の中から2種類、オリーブとヘーゼルナッツ入りのものを買って帰りました。(食感が楽しくてとても美味しかったです)
d0308567_06253453.png
d0308567_06240609.png
いつも人がいっぱいのモンマルトルは、この日は一段と大賑わいでした。飲んで食べてたくさんしゃべって・・・シンプルなことですが、それを思い切り楽しむのがフランス流。楽しいお祭りでした。



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

[PR]
by kirmes327 | 2014-10-22 07:10 | Paris | Comments(6)
Commented by tabi-to-ryokou at 2014-10-22 09:08
こんにちは
モンマルトルの葡萄酒は日本のTVでも特集されたことがあります。
あの狭いブドウ畑でワインが1,000本も生産できるなんてすごいですね。
色からするとロゼワインですか。
「どれもとても安く」ということは、ブースごとにお金を払いながら、
梯子をするんですね。
でもお祭りだから、こういう時は雰囲気もあり、美味しくて、
楽しいでしょうね。
日程があえば、参加してみたいです。
Commented at 2014-10-22 09:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kei-kana38 at 2014-10-22 14:01
こんにちは。
モンマルトルの近くとは思えませんね。
飲んで食べて話してー、シンプルながらも思いっきり楽しむのがフランス流なんですね。
Commented by kirmes327 at 2014-10-23 00:26
旅ブラスさん
コメントをありがとうございます。
1000本のワインのほとんどは競売にかけられて高値で競り落とされてしまうそうで、なかなか口にできない幻のワインとなっているようです。市場になかなか出回らない生産数ではありますが、この小さな畑から1000本も作られるのは驚きですね。ロゼワインのような色なのですが、実は赤ワインなのです。とても軽い味のワインでした。
はい、フランス各地のワインのブースを渡り歩きました(笑)どこでもグラス1杯2~5ユーロ位で飲むことができたのですが、モンマルトルのワインだけは7.5ユーロ。グラス込みの値段ですが、やはり希少価値が高いのですね。
本当に楽しいお祭りでした。毎年10月の第二週末に行われますので、よろしければぜひ!
Commented by kirmes327 at 2014-10-23 05:17
鍵コメさん
はじめまして。コメントをどうもありがとうございます。
私のブログでモンマルトルを思い出して頂けて光栄です。
パリに葡萄畑があるなんて、初めて見たときには驚きました。サクレクールの裏は情緒があって素敵なところですね。
Commented by kirmes327 at 2014-10-23 05:30
kei-kanaさん
モンマルトルでこのような景色が見られるとは意外ですよね。でも19世紀までは、モンマルトルは葡萄畑や麦畑が広がる田舎の町だったようです。唯一残っているこの小さな畑をいつまでも大切にしていってほしいなと思います。
お祭りに来ている人だけではなく、ワインや食べ物の売り手さん達もおしゃべりに興じていて楽しそうでした。