ヴェネツィア サン・マルコ広場

d0308567_049955.jpg

高校生の頃からどうしても行ってみたかったヴェネツィア。あれから20年経ってしまいましたがようやく夢が叶い、今ヴェネツィアに来ています。中世のヴェネツィアを舞台にした塩野七生さんの「緋色のヴェネツィア ー 聖マルコ殺人事件」を読んで以来(元はと言えば、この小説が劇化された宝塚の舞台に夢中になっていたのですが)、どんな街なんだろうと思いを馳せていました。

d0308567_0491860.jpg

d0308567_0492077.jpg

d0308567_0492977.jpg

小説は、サン・マルコ広場にあるこの鐘楼からの転落殺人事件から始まります。鐘楼はエレベーターで登ることができます。高さ約96mから見下ろすヴェネツィアの街とアドリア海はそれはそれは素敵!でも、こんな高いところから落ちるなんて…想像しただけで身震いしてきます。

小説中の中世の登場人物がここを歩いていたのかな、と想像を楽しみながらサン・マルコ広場を堪能しました。舞台になっている海運都市として栄えていた16世紀前半のヴェネツィア…さぞ華やかだったことでしょう。その栄華の証をこれから観て回るのが楽しみです。
[PR]
by kirmes327 | 2013-10-09 00:29 | 旅行 | Comments(2)
Commented by kei-kana38 at 2013-10-09 20:29
こんばんは。
18年くらい前にヴェネツィアに主人と行きました。
同じころでしょうか。
急に寒くなって、セーターを買ったのを覚えています。
懐かしいな~。
なんとも言えない街ですよね。
娘にも一度見せたいな~と思う街です。
Commented by kirmes327 at 2013-10-14 07:33
kei-kanaさん
自分の目で見てみて、本当にこんな街があるのだとあらためて驚きました。まさに、なんとも言えない街ですね。娘さんに見せてあげたいというお気持ちはとてもよく分かります。私も実家の両親にもぜひ見てもらいたいと思いました。