パリ・プラージュ

とうとう8月、夏真っ盛りですね。先週のパリは33、34度位の日が続きました。夜も熱帯夜で寝苦しいです。一般の家庭にはクーラーが普及していないため、日中に家の中にいるのが辛くなっています。私が子供の頃は、ヨーロッパの夏は肌寒いほど涼しかった記憶があるので、やっぱり地球は確実に温暖化しているのですね。

さて、8月に入るとパリの街は急に静かになりました。もちろん観光シーズンですので観光客はたくさんいるのですが、多くのパリの人達は3~4週間のバカンスでどこかへ行ってしまうのです。スーパーもメトロの中も、いつもは常連客であふれているカフェやバーも閑散としていますが、スーパーのレジの長蛇の列に並ばなくてよいのは快適です。

我が家の近くの商店街も、個人商店やレストランが次々と長期休暇に入っていきました。クリーニング屋のムッシューが、うちも2週間休むのでよろしくねと言うので「よい休暇を」と答えたところ、「たった2週間しか休めないよ」と首を振りながら嘆いていました。フランスの方たちは1ヶ月は休まないとバカンスとは言えないのですね・・・

それでも、やはり諸事情で遠出ができない人達もいます。そのような人達がパリにいながらバカンス気分を味わえるようにとパリ市が企画したのがパリ・プラージュ(Paris-Plages)。毎年夏の1ヶ月間にセーヌ河岸に砂を敷き詰めて人工ビーチが作られ、市民が水着で砂浜やデッキチェアに寝転んで読書や日焼けを楽しみます。

d0308567_3312544.jpg


市庁舎前の広場にも砂浜が出現して、人々はビーチバレーに興じていました。

d0308567_3323219.jpg


みんなが海辺のバカンス気分を味わえるようにと2002年に始まったこの企画。なかなか粋な計らいですね。日本での便利な生活や迅速なサービスに慣れている私としては、こちらの人達がもっと働いてくれればと思うこともしばしばあるのですが・・・でも、私達が働きすぎなのかもと、こちらにいると思えてきます。急がず焦らず人生を楽しむ・・・素晴らしいことですが、できればもう少し便利な方がいいな~(笑)
[PR]
by kirmes327 | 2013-08-05 04:50 | Paris | Comments(2)
Commented by kei-kana38 at 2013-08-06 21:43
こんにちは。
お国が違えば、バカンスの日数もまった違うのですね。
一ヶ月!!羨ましい~。
我が家なんて、やっと1週間ですよ。
それも午前中仕事して、空港への予定です。
日本人ももっとバカンスを楽しむ国民になるといいのですけどね~。
Commented by kirmes327 at 2013-08-06 23:43
kei-kanaさん
話には聞いていたものの、ここまでみんなが長期でいなくなってしまうとは・・・びっくりしました。国の行事みたいなものですね。本当に、日本もバカンスをもっと楽しめるような社会になればよいですね。
kei-kanaさんも楽しいバカンスをお過ごしください!