絢爛豪華!オペラ・ガルニエ

d0308567_1621628.jpg


パリはまた冬に戻ってしまいました・・・
ここ3週間ほどぐずついた天気が続いていて、なかなか気温が上がらない日々でしたが、昨日はとうとう最高気温が9℃に!
アパートのセントラルヒーティングは先月から切られていましたが、さすがに再開しています。
暖房がないと本当に辛いので、助かった~
5月、6月は一年中で一番きれいで気持ちの良い季節のはず。
もともと日照時間の少ないヨーロッパでは、みんながこの時期を待ち望んでいたはずなのに、
フランスの方達の落胆ぶりも相当なもののようです。

さて、気分だけは明るくと思い、とても煌びやかなものを見学してきました。
パリのオペラ座、オペラ・ガルニエ。
この付近はスリのメッカなので、いつも足早に通り過ぎてしまっていましたが、今回は初めて内部へ。

オペラ座は、シャルル・ガルニエの設計により1875年に完成した、幅125m、奥行73m、総面積1万1000㎡の世界最大規模の劇場です。見ためも堂々としている建物ですが、内部の豪華さも圧巻です。

グラン・エスカイエ(大階段)
d0308567_164576.jpg


観客席天井のシャガールによる天井画「夢の花束」。オペラとバレエをモチーフにしたものだそうです。優しい色合いがとても印象的。
d0308567_1654662.jpg


グラン・フォワイエ  まるで宮殿のような大広間です。
d0308567_167228.jpg


テラスからオペラ通りを一望できます。一瞬晴れました!
d0308567_1683293.jpg


見学後に立ち寄ったオペラ座のブティックで見つけた、バレエシューズ型コインケース。
とても可愛くて、思わず買ってしまいました。
本物のバレエシューズの生地でできていて、靴底部分も皮製です。
小銭を持ってパン屋やマルシェへ買い物に行くのも楽しくなりそうです。
d0308567_21315422.jpg


平日の昼間の見学でしたが、混んでいなくてゆっくり見ることができました。
まさに絢爛豪華とはこのことかと実感したオペラ座。今度はバレエ公演を観に訪れたいと思います。
[PR]
by kirmes327 | 2013-05-25 18:45 | Paris | Comments(2)
Commented by kei-kana38 at 2013-06-01 14:48
10数年前、母と夫とシャガールの天井画を観に行ったことを思い出しました。
懐かしい~。
バレエシューズのコインケース、なんともかわいいらしい!!
私も一度でいいからバレエを観てみたいです。
Commented by kirmes327 at 2013-06-03 04:59
kei-kanaさん

kei-kanaさんもオペラ座見学されたのですね。シャガールの天井画は豪華なオペラ座に優しい雰囲気を加えていて、ちょっとほっとしました。コインケース、可愛いでしょう♪久しぶりに会ったお友達にもプレゼントして、とても喜んでもらえました。