d0308567_15161469.jpg

発売を心待ちにしていた本が、Amazonから届きました。プロヴァンスの美しい景色を懐かしみながら、ゆっくり楽しみたいと思います。
d0308567_15161599.jpg

エクス・アン・プロヴァンスから見える、サント・ヴィクトワール山
d0308567_15161505.jpg

セナンク修道院とラヴェンダー
[PR]
d0308567_19463202.jpg


今日はフランス革命記念日。現地時間の朝10時からシャンゼリゼでの華やかな軍事パレードが始まりました。日本では17:00から。私もTV5MONDE(フランス語放送のチャンネル)にて生中継で見ています。このチャンネルは、せっかく覚えたフランス語を維持できるよう、夫が契約してくれました。

パリでは混雑をなるべく避けていたので、実際にパレードを見に出かけたことはないのですが、それでもこの雰囲気が懐かしいです。そして、夜にはエッフェル塔で盛大な花火が行われます。こちらには一度だけ行ったことがあるのですが、独特の高揚した雰囲気に会場は包まれていて、フランス人の愛国心にすっかり圧倒されてしまいました。花火も素晴らしかったのですが(でも、やはり日本の花火が一番です♪)、花火と共に流れていたフランス国歌「ラ・マルセイエーズ」の効果がすごかったです。フランス人でない私でも興奮して歌い出したくなってしまい、じーんとしてしまいました。後で冷静になってみると、ちょっと怖い(笑)

さて、キャトーズ・ジュイエが終わると、いよいよバカンスシーズンに突入します。今日・明日から、パリから人がいなくなり、街が静まり返ることでしょう。

写真のティーカップは、ジアンの「Paris Paris」というシリーズのものです。帰国直前に慌てて買いに行きました。2客ペアのセットだったので、母と1客ずつ♪ 良いお土産になりました。私の方は、これを見る度に懐かしさで胸がキュンとします。やっぱりパリが大好き。住んでいたときは素直にそう思えないときもあったけれど(笑)、あれこれが喉元を過ぎ、もう‼︎と思ったことも今となっては笑えることばかり〜 とても楽しい4年間だったと、今心から思えることが嬉しいです。そういえば、今日で帰国してからちょうど半年になりました。早すぎる…
d0308567_19463333.jpg


[PR]
d0308567_00394826.jpg

週末に、夫がパリから帰ってきました。さあ、大変なのがその後。大量の洗濯物を一度に干す場所がなく、一日では洗濯が終わりません。そのうえこの湿気では乾きが悪い…それでも何とか、今日終えることができました。

写真は夫に買ってきてもらったお土産。カマルグとゲランドの美味しい塩と、クリスティーヌ・フェルベールのコンフィチュールです。どれも、いくらあっても嬉しいもの♪フェルベールさんのコンフィチュールは、個人的にはいちごが一番美味しいと思っています。今回はアルザス地方産のシャルロットといういちご( Fraises Charlotte d' Alsace )のコンフィチュールを選んでもらいました。シャルロットという種類があることは知らなかった〜 いつものFraises d'Alsace(アルザスのいちご)のものとの違いはあるのかな。食べてみるのがとても楽しみです。

さてさて、一昨日は私の誕生日でした。大台に乗った去年に比べると、今年はとても心穏やかに過ごせたバースデー(笑)様々な国にいる恩師や友人達から、メールやSNSでメッセージを頂き、とても幸せな気分になりました。もともとかなり丈夫な方ですが、今年もとにかく健康に過ごせればよいなと思います。
[PR]
d0308567_00152844.jpg

蒸し暑さもまだまだ序の口、いや、まだ暑さはあまり感じませんが…久々の日本の湿度の高さが体にこたえています。既に夏バテで食欲不振。情けない(>_<)
夫が不在なので、自分がお腹が空かなければ
ちゃんとした食事の支度をしなくてもいいので、先週の食生活は人には言えない内容でした(笑)

昨日は恥ずかしながら、久々にお料理を。料理と言ってもしらすの冷製パスタです。冷やした白ワインを合わせたい一心で怠けたい気持ちに打ち勝ち、何とか作りました。食べてくれる人がいないと、どうしても腰が重くなってしまいます…レモン汁やオリーブオイルで、自分が食べたいように適当に味を調えましたが、美味しくできました。大事に使っているナハトマンのプレートに盛り付け、家にあった青じそをたっぷりと。白ワインと良く合ったけれど、一人だとワインは進まないなあ。一本飲みきるのに5日位かかりそうなペースです。

ところで、先週のパリは35℃以上の猛暑日が数日続いたとか!今パリにいる夫がかわいそう〜 毎年、パリのクーラーのないアパルトマンで、39℃の暑さを耐えたことを思い出しました。50℃を超える中東の夏も凄まじかったけれど、パリの猛暑の方が辛かったです。30年前でも、暑い国の住居の冷房は完璧でした。

d0308567_01264093.jpg

夫から届いたパリの写真。懐かしい〜

[PR]
d0308567_20103809.jpg

またまた夫の実家から嬉しいものを頂きました。
南房総のビワ!夫の両親が住む町はビワの名産地で、露地物のビワは皇室へ毎年献上されているそうです。

ビワは足が早い上に、夫は出張でパリへ…(私も行きたい〜)結構な長期出張なので、2キロものビワを私1人で食べきれるのかな。シロップ煮でも作るしかなさそうです。結婚するまでビワは食わず嫌いだったのですが、このビワを頂くようになってから好きになりました。
d0308567_00112807.jpg

d0308567_00112991.jpg

d0308567_00113018.jpg


夫の実家は、南房総の有名な道の駅のご近所。ゴールデンウィークに遊びに行きました。綺麗な花が咲き乱れていました。
d0308567_00113005.jpg

d0308567_00113123.jpg

ビワを使ったお菓子など、ビワ製品がたくさん売られていますが、一番人気はビワのソフトクリームかな。美味しくて大好きです。今回はちょっと肌寒くて食べられなかったので、また夏休みに!その代わりに、ビワ葉茶ラテで温まりました。

南房総はとても人気のある観光地なのですね。連休に行ったのは初めてだったので、賑わいぶりにびっくりしました。

さてさて、パリ生活やヨーロッパの旅行についてなかなか書けなくてごめんなさい。様々なことに気を取られて、写真を探したり選んだりする余裕がなく…時間の管理が下手なのです(>_<)でも、夫が今日ビデオ通話で、パリの元自宅近くをライブで見せてくれて、懐かしくてたまらなくなりました。色々な記憶が抜け落ちていく前に、ちゃんと記事にしておかないと!ブログのペース自体が落ちてしまっていますが、もう少し頑張って記録していきたいと思います。

[PR]